スポンサーサイト


多分この上 ↑ に広告が出ていると思うのですが、この広告はみなさんそれぞれで違うらしく、自分の興味がある広告が出ることに一種の怖さを感じる国民健康保険料削減コンサル&生命保険代理店asimomy店長の矢口です。

Google先生、怖すぎますね。

ある時、このブログにAGA 薄毛治療の広告が出ました(笑)

47歳の店主、最近徐々に髪の毛が薄くなってきたようです。
おでこが少し広くなり、分け目のあたりがヤバいと家族からバカにされています。

気にはなりますが、それほど悲観しているわけでもなく、パソコンで検索したこともありません。
(さっき、本記事を書くために一度検索してしまった!)

そのAGA 薄毛治療の広告が出た日。
次男とこのような会話をしたのでした。

次男
「床屋さんに行ったら、矢口くんの家族は、みんな毛が硬くて、ハゲなさそうでいいね」
こう言われたそうです。

で、私。
「でも、うちのお父さんはもう禿げているよ」とひどいことを言ったんでしょ?

そんなことは一言も言ってないと次男。
この会話はそんな程度で終了。

数時間後、本ブログを見たらAGA 薄毛治療の広告が。
そのタイミングが怖いです。

Amazon EchoやGoogle Homeのスマートスピーカーと呼ばれる物。
こんな物が家にやってきて会話を続けていると、どんな広告が出てくるんだろう・・・

ちょっと怖いです。


asimomyのSNS
友だち追加
スポンサーサイト